木村拓哉主演『教場』大島優子演じる楠本しのぶとは?【ネタバレ】

2020年1月4日(土)5日(日)に放映される、木村拓哉主演フジテレビ開局60周年特別企画『教場』の登場人物について、原作小説『教場』から解説します。
第2回は大島優子演じる楠本しのぶと葵わかな演じる岸本香織です。
この解説が、テレビドラマ 『教場』を楽しむのに役に立てば嬉しいです。

大島優子と葵わかな

大島優子演じる楠本しのぶ『教場』第二話 牢問に登場

岸川沙織は、楠本しのぶの婚約者、和馬のひき逃げ犯か?

楠本しのぶ(大島優子)は元インテリアコーディネーター。かつて、自分の婚約者の和馬を引き逃げされ、その犯人を捕えるべく警察官を志望。ひき逃げした車の色は弁柄色。その弁柄色と同じ色の車を持っているのが同期の岸川沙織(葵わかな)だと気づきます。

楠本しのぶが岸川沙織の似顔絵を描いていた時、
「これ、二年前の沙織ちゃんだよ、写真を思い出しながら描いてみました」
「写真?」
「ほら、入校してすぐ、女子だけでこっそりアルバムの見せっこをしたでしょ。……車と一緒に写っているやつ」
それは2ヶ月前のこと。その車の色が弁柄色だったのです。
【弁柄色】べんがらいろ。暗い赤みを帯びた茶色

匿名の脅迫状に怯え衰弱していく岸川沙織

「最近、嫌な手紙だ届くの。匿名で脅迫状みたいな内容で、もう5通くらい受けとったかな。
『おまえがやった悪事を知ってるぞ』
って。だから、怖くてさ、よく眠れない晩もあったりして……」
そのため、沙織は体調をいちじるしく崩しています。
その手紙を出しているのが、ほかならぬ楠本しのぶ。彼女は沙織の友人として近づいていたのです。気の弱い沙織は
「しのぶさん、味方だよね。わたしの」
「もちろん」
「じゃ、これからも、わたしを見捨てたり裏切ったりしない?」

楠本は沙織の膝の上に腰をかけると、脅迫状の犯人を見つけ逮捕し、白状させると沙織に誓います。その際、江戸時代の「牢問」の話をしました。犯人をギザギザの板の上に座らせ、重い石板をその腿に白状するまで何枚ものせていく拷問です。

この時、沙織はあること(匂い)に気づいたのです。

脅迫状を送る犯人に気づく白髪教官・風間

風間「岸川にときどき手紙がくる。あれを出しているのはきみか」
楠本「……そうです」
風間「なぜ、わざわざ面倒なことをする。直接口で伝えれば済むはずだ」
楠本「ただの悪戯なんです……岸川さんは、一番の友達ですから」

岸川沙織の報復

幅10メートル、奥行き4メートルの車庫。地上1段、地下1段。
楠本しのぶがワックス掛けするパトカーは地上1段の右端のパレット。
上に上がった楠本。その時、背中を押されて2メートル落下します。上のパレットに手をかけよじ登ろうとすると、パレットがスライドしてきます。

楠本は挟まれることを避けようとしますが、誰かに頭と首筋を抑えられ動けません。何者(岸川)かと格闘後、這い上がりますが、再びスライドしてきたパレットに太ももを挟まれてしまいます。意識を失うしのぶ。そして、5時間後……

白髪教官・風間と楠本のやり取り1

5時間後、意識を取り戻した楠本は、かろうじて携帯から連絡します。
答える白髪教官・風間。事情を説明する楠本。
「なぜ挟まれた? 事故か」
「……違います。誰かに、やられました」
「岸川か」
楠本は、風間から岸川沙織が消えたことを聞きます。
「きみと岸川の間に何があった。話せ」

その時、トランシーバーを持った宮坂が現れます。
「助けて、早く」
しかし、宮坂は直ぐに機械を動かそうとはしません。
「教官、宮坂に行ってください。早く、ボタンを押せって。お願いします」
「きみと岸川の間に何があった。話せ。話せば宮坂にボタンを押させる」

白髪教官・風間と楠本のやり取り2

白髪教官・風間と宮坂のトランシーバー越しに話す楠本しのぶ。
とうとう、岸川沙織が恋人一馬をひき逃げした犯人であることを告げます。なぜなら、弁柄色の車を持っている写真を見たからと。
そして、脅迫状を送った経緯などを。

しかし、岸本沙織は犯人ではなかったのです。

写真に写っている車の色は、光によって色が変わっていたのです。
「だったら、どうして、沙織はわたしを襲ったんですか。犯人じゃなかったら」
「裏切ったからだろ、おまえが」
このような風間と楠本のやり取りが、長く続きます。
その間、楠本は機械に挟まれたままです。
「許してってば……お願い……」
とうとう、楠本は気を失ってしまいました。

しかし、なぜ風間は楠本をすぐに助け出さなかったのしょう?

それは、挫滅症候群と呼ばれる現象が起きるからです。

長い時間、手足を圧迫されると、細胞が壊れます。壊れた細胞からはカリウム、ミオグロビン、乳酸が流れ出し、血液がドロドロに濁ります。そんな時、圧迫物を取り除くと、濁った血液が一気に体中を駆け巡ります。すると、意識は混濁し、死ぬこともあります。

『教場』大島優子と葵わかな

大島優子
大島優子

女優。女性アイドルグループAKB48の元メンバー
【生年月日】1988年10月17日
【生まれ】栃木県壬生町
【身長】152cm
【事務所】太田プロダクション
【書籍】脱ぎやがれ!、大島優子1stフォトブック優子
日本人の父親、日本・アメリカのハーフの母親の元に生まれたクォーター
座右の銘は「十人十色、己を信じ精進せよ」(高校時代の恩師の言葉)
小学校3、4年生からゆずのファンであり、ゆずの地元である横浜市岡村町にも足を運ぶほどである。好きな楽曲は「心のままに」「傍観者」
また、北川悠仁は大島のファンであることを公言している。

憧れの女優は永作博美。香川照之の女版になることが目標
戸田恵梨香とは仲が良く、朝の連続テレビ小説「スカーレット」で共演
好きな物はスノーボード(9歳の頃から)、スニーカー、爬虫類
好きなスポーツはサッカー
ダッフィー集めをしており、ブログでも度々登場している
名前が「ヒップ」というロップイヤーラビットを飼っている
嫌いな物は風船
大島優子オフィシャルブログ「ゆうらり ゆうこ」by Ameba

› akbyuukooosima

葵わかな

葵わかな
女優
【生年月日】 1998年6月30日 (年齢 21歳)
【生まれ】 神奈川県
【身長】 158 cm
【性格】人見知り
【事務所】スターダストプロモーション所属
【学歴】慶應義塾大学
【趣味】
読書、一人カラオケを好む、アニメ、宝塚観劇。読書に関しては通学時間に三浦しをん、伊坂幸太郎、宮部みゆきなどの小説を読んでいるほか、漫画もよく読んでいる

NHK2017年連続テレビ小説『わろてんか』ヒロインオーディションで2,378人の候補者の中から選出される。吉本興業の創業者・吉本せいをモデルとしたヒロイン・藤岡てん役を演じる。大阪での撮影のため人生初の一人暮らしを体験

2019年上演の『ロミオ&ジュリエット』でミュージカル初挑戦にして主演を務める
事務所の同僚は、朝ドラヒロインの後輩にあたる永野芽郁

→ 木木村拓哉主演『教場』工藤阿須加演じる宮坂定とは?【ネタバレ】

→ 木村拓哉主演『教場』三浦翔平演じる日下部准とは?【ネタバレ】

【『教場シリーズ』全四作・読書感想】

→ 木村拓哉、フジTV「教場」白髪教官に。原作『教場』読んでみた。

→ 木村拓哉、白髪・風間教官『教場2』を読んでみた。

→ 木村拓哉『教場0 刑事指導官 風間公親 』を読んでみた。右義眼の原因?

→ 久村拓哉主演『風間教場』最新長編を読んでみた。ちょっと?【ネタバレ】

 

コメント

  1. […] 『教場』は内容が非常に刺激的。原作小説での警察字校は、"警察官になる人間をふるいにかける場"で、正直その厳しさは人権意識や民主主義からかけ離れています。何を言ってもモラハラ、パワハラといわれるこの時代に真逆の方針を映像化するには… スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 木村拓哉主演『風間教場』最新長編を読んでみた。ちょっと?【ネタバレ】 木村拓哉主演『教場』大島優子演じる楠本しのぶとは?【ネタバレ】 […]

  2. […] → 木村拓哉主演『教場』大島優子演じる楠本しのぶとは?【ネタバレ】 http://my-viewpoint.net/books/kusumoto-kishikawa/ […]

タイトルとURLをコピーしました