【公式】開局60周年特別企画『教場』 予告動画第2弾!

『教場』エピローグ、白髪・風間公親教官の衝撃の行動

それは、今日入ったばかりの第100期短期課程40人を前にした第三教場での事。

教壇での風間教官の一声
「この中で、警察官に憧れているものは?」
当然のように、40人のほとんどの学生は手を挙げます。

「今手を挙げている者には、ぜひすすめたい。これを書くことを」
風間教官が掲げたのは、一枚の書類です。

それを最前列の学生に渡すと、
「タイトルを皆に聞こえるように読んでみてくれ」
それを見た学生は、言葉に詰まります。
「どうした?遠慮は入らない。大きな声で頼む」
「退校届とありますが……」
「初めに断っておくが、私は君たちを警察官にするつもりはない」

これが、木村拓哉演じる白髪・風間公親教官です。

木村拓哉演じる『教場』白髪・風間公親の右目は義眼

白髪・風間教官は説明します、
「警察官には危険が多い、職務質問の最中に攻撃を受けることもある」と。

すると、書類を受けた学生が名乗り出るかのように、
「自分は大丈夫だと思います」と話した後、
正拳突きの型をし「極真空手の黒帯だから」と説明します。
そして、学生は両手を広げると、学生の間から喝采と歓声が起きます。

「ずいぶん頼もしいな。だが、相手も素手だとは限らない。
刃物、拳銃、スタンガン。
街に出れば、ありとあらゆる得物を前にすることになる。
まれに、千枚通しのような凶器を顔に向けられ―」
視線を挙げた白髪・風間教官。

片手の人差し指を右の下目蓋の中へ差し込み、そのまま視線を下へ戻すと、
「こうした憂き目にあう場合もある」
風間教官は眼球を模したガラス片を指先でつまみ、軽く持ち上げてみせると……
黒帯の学生の顔が、さっと色を失います。

これが、木村拓哉演じる白髪・風間公親教官です。

白髪・風間教官、過去に千枚通しで右眼を失いました。このエピソードは、まだ読んでいませんが、『教場0』で語られるのではないでしょうか?

『教場2』への予告

『教場』エピローグでは、『教場2』へ続くエピソードも語られます。

「この中で、警察官に憧れているものは?」
この質問に手を挙げなかったある学生に質問する風間教官。
「憧れでなければ、警察官に対してどんな気持ちを持っている」
「文句があります。いろいろと」
風間教官、自分の頬が緩むのが抑えきれなかった。

これが、木村拓哉演じる白髪・風間公親教官です。

※ちなみに、この学生は『教場2』のドクター上がり、桐沢篤(27)の仲間でそつがない美浦亮真です。

→ 木村拓哉、フジTV「教場」白髪教官に。原作「教場」読んでみた。

→ 木村拓哉、白髪・風間教官『教場2』を読んでみた。

→ 木村拓哉『教場0 刑事指導官 風間公親 』を読んでみた。右義眼の原因?

→ 木村拓哉『教場』を語る「主役が教える名シーン」

おすすめの記事