2020年1月4日(土)5日(日)に放映される、木村拓哉主演フジテレビ開局60周年特別企画『教場』の登場人物について、原作小説『教場』から解説します。
第1回は工藤阿須加演じる宮坂定と林遣都演じる平田和道です。
この解説が、テレビドラマ『教場』を楽しむのに役に立てば嬉しいです。

工藤阿須加演じる宮坂定は『教場』第一話 職質に登場

「なあ、次はどいつだと思う、98期は?」
「宮坂って奴だろ。ちょくちょくヘマをやらかすって話だ」
「平田っての知っているか?」
「ああ。たしか親父さんもサツ官なんだよな」

98期生の宮坂は、97期の学生たちの会話を聞いています。宮坂は、平田より2、3歳下です。

「ま、何にしても、その二人のうち、どっちかだろうな」
「じゃ、おれは本命の宮坂に3,000円」

警察学校では、成績が悪いと依願退職を迫られます。警察学校生は1か月以上なら給料も支払われるので、退学ではなく退職になるのです。

『教場』白髪教官・風間公親の登場

宮坂と平田は、一昨日の職責(職務質問)の授業でヘマをやらかしました。最低の出来だった宮坂の班は、そのためトイレ掃除を命じられます。
宮坂は隣室の学生から、『硫黄乳白色・天然湯の花』(入浴剤)をお土産にもらいます。が、入浴剤は禁止されているので、トイレのゴミ箱に捨てました。
トイレでは、殴られ泣いた顔を洗っていた平田もいました。平田は、宮坂のトイレ掃除を手伝います。その時、呼び出しがかかりました。

〈植松学級の学生は、ただちに第三教場に集合のこと〉

教場では、植松教官の入院の知らせと、代理の教官の紹介がありました。
教壇に上がった代理の教官は、
「風間キミチカだ」
というたった一言で、教壇を降りてしまいました。
宮坂は、「キミチカ」から「気短か」と連想して、ちょっとしたミスでも叱責されそうなイメージを持ってしまいました。

宮坂と平田の父親との関係

教場当番になった宮坂に、風間は問います。
「警察学校とはどんなところだ」
「篩(ふるい)でしょうか」と、宮坂。
「なるほど、もう一つ訊く。なぜ警察官を目指した?」
「雪のせいです」

宮坂は雪のためハンドルを切り損ね、ガードレールを突き破り崖から転落。足首を捻挫し、車は雪に閉じ込めれれてしまいました。排気ガスが車内に入るのを防ぐため、エンジンは切るしかありません。バッテリーは上がり、ヒーターが止まってしまいました。しかも、そこは携帯電話の圏外。寒さのため、宮坂は自分の葬式を思いえがきます……
そんな宮坂を助けてくれたのが、駐在所に勤める巡査部長、平田の父でした。

「つまり、命の恩人に憧れたから、というのが質問の答えだな」
「おっしゃるとおりです」
「少し残念だよ」
「……なぜでしょうか」
「憧れているようでは、先が思いやられるからだ。むしろ、警察官に文句があるから警察官になった——そんな学生の方が、ここには向いている。わたしの経験から言わせてもらえればな」

宮坂の下手な芝居を見破り、宮坂に課題を与える風間

風間は宮坂に授業と同じように、この場で自分に〈職責〉をしろと命じます。しかも、失敗したら退職と。そして、教場では宮坂がわざと下手なふりをしたことを暴いてしまいます。
そんな白髪教官・風間公親は、宮坂に日々気づいたことを報告させる課題を与えます。

宮坂の今日の報告。
授業中に硫黄の匂いをさせている者が何人かいたこと。
第一寮の一階トイレから便器用の洗剤が1本なくなっていること。

すると、白髪教官・風間公親は命じました。
「すぐグランドに集合させろ。ランニングだ。25周」

平田和道の絶望と決意

宮坂は自室に戻るとベットに倒れこんで、他の学生が風呂に行く足音を聞いていました。
「ちょっと失礼」
そこへ、平田が現れます。
「明日の1時限目は逮捕術だよね。
実はおれ、ワッパの掛け方が、いまいち下手なんだよね」
そう言い、宮坂に協力してもらう平田。宮坂を強引にベッドの上にうつ伏せにすると、手錠をかけます。しかも、ベッドの枕元の鉄棒に固定してしまいました。

平田は外に出ると洗面器も持って戻り、宮坂がトイレで捨てた入浴剤の粉をその中に入れ始めます。
「冗談は明日にしましょう」
と、身動きできない宮坂。
「明日?明日なんてないね。今日でおしまいだよ。
どうやらおれ、失くしちゃったみたいだからね」
「何をなくしたんです?」
「自信と、それから気力だよ。篩(ふるい)に残るためのね。だから、全部おしまいにする」
「おしまいに……って。まさか」

「知っているかな? おれがこの学校で何が一番嫌いか?」
「さあ、体罰ですか。教官とか先輩の」
「違うよ。それは二番目」
「だったら規則でしょう。馬鹿みたいに細かいですから」
「あらら、遠くなっちゃった。それは三番目だって……一番目はね………お前だよ、宮坂」
平田はトイレ用の洗剤を取り出すと、洗面器の入浴剤にかけようとします。理系に強い宮坂は理解します。

「成績がビリってのは、たしかに辛いよ。教官に殴られたら、そりゃ痛いよ」
大声を出し助けを呼ぶ宮坂。
「だけどな、他人から憐れみを受けるってのも、相当しんどいぞ」

白髪教官・風間の布石

寮の外から現れた風間教官。
「平田、風呂の時間だぞ。宮坂もだ」
平田「は、張り紙(有毒ガス発生中)が見えなかったんですか。
ここに来てもらっては困ります。巻き添えを食いますよ」

「構わん、平田。きみの度胸を試してやる。やれ」

平田は、顔を奇妙な形に歪ませながら、洗面器の中にトイレ用の洗剤を注ごうとします。
絶叫する宮坂………毒ガスは果たして発生するのか?

風間のとった布石
「すぐグランドに集合させろ。ランニングだ。25周」(その間に寮の捜索)
そして、もう一つ、重要な布石を打っておきました。

『教場』の工藤阿須加と林遣都

工藤阿須加

工藤阿須加
【生年月日】1991年8月1日
【出生地】埼玉県所沢市
【身長】180 cm
【血液型】B型
【事務所】パパドゥ
父親はプロ野球・福岡ソフトバンクホークス監督の工藤公康
妹はプロゴルファーの工藤遥加
テニスをしており、プロを目指す程の腕前だったが高校のときに肩を故障し断念する
2012年 日本テレビのドラマ『理想の息子』で俳優デビュー
2013年 NHK 大河ドラマ『八重の桜』に主人公・新島八重の弟・山本三郎役で出演
2013年 7月から9月まで、フジテレビのドラマ『ショムニ2013』に出演
2014年 TBS日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』で社会人野球部の投手・沖原和也役を演じる
2015年 日本テレビのドラマ『偽装の夫婦』ではゲイの恋人役
2018年 2月スタートの『ザ・ブラックカンパニー』でドラマ初主演
2018年、10月から日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』の水曜パーソナリティー

林遣都

林 遣都
【生年月日】1990年12月6日
【生まれ】 滋賀県 大津市
【身長】 173 cm
【事務所】 スターダストプロモーション
【血液型】 O型
2005年 中学3年生の修学旅行中に、渋谷駅のホームでスカウトされ芸能界入り
2007年 映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。同作品での演技が評価され日本アカデミー賞、キネマ旬報ベスト・テンなどその年の多くの新人賞を受賞
2008年 『ちーちゃんは悠久の向こう』、『DIVE!!』、『ラブファイト』の主演に
2009年 地元・滋賀県内の高校を卒業し上京。『小公女セイラ』(TBS)で連続ドラマ初出演
2011年 『コヨーテ、海へ』(WOWOW)でテレビドラマ初主演。『荒川アンダー ザ ブリッジ』(MBS・TBS)で連続ドラマ初主演
2017年 映画『青禾男高(中国語版)』で中国映画に初出演

→ 木村拓哉主演『教場』大島優子演じる楠本しのぶとは?【ネタバレ】

→ 木村拓哉主演『教場』三浦翔平演じる日下部准とは?【ネタバレ】

【『教場シリーズ』全四作・読書感想】

→ 木村拓哉、フジTV「教場」白髪教官に。原作『教場』読んでみた。

→ 木村拓哉、白髪・風間教官『教場2』を読んでみた。

→ 木村拓哉『教場0 刑事指導官 風間公親 』を読んでみた。右義眼の原因?

→ 久村拓哉主演『風間教場』最新長編を読んでみた。ちょっと?【ネタバレ】

おすすめの記事