江原さんのキーワード「破綻と崩壊」が現実化!

(3月5日追記)
連日コロナウィルスの報道で、江原さんがあげた「破綻と崩壊」というキーワードが、現実味を帯びてきています。倒産になった会社や個人も報じられるようになってきました。これからは、かなり多く出てくると思います。

思うに、これほど早く「破綻と崩壊」が迫ってくるとは思いもよりませんでした。こう書いている私の仕事も激減しています。お先真っ暗です。

果たして、政府が要請した自粛は、あと一週間で解除される見込みがあるかどうか、全く予想がつきません。
なぜなら、韓国と同じくらい検査が行われていれば、今の感染者数をはるかに超えている数字が出てくるでしょう。

東京五輪も「成功を信じています」とのIOCの発表ですが、今後の状況によることになります。

江原啓之 おと語り 最新(2020.1.5)まとめ

会話は、自身の本当の心を知ることができます

2020年のキーワードは「破綻と崩壊」

1964年の東京オリンピックの時は、これからの日本は発展するという希望に満ちていました。
そして、2020年8月東京オリンピックが開催されます。
しかし、1964年の東京オリンピックの時のように、発展を夢見てはいけません。そう思っていると破綻します。

ですが、スピリチュアルの面から見ると、「本当の自分を知る」チャンス。
一度「0」にして、そこから組み立て直すチャンスでもあるのです。
建築でいうと、耐震構造を見直して(一度破綻)、新たな基準の上に強固な建物を建てるということです。

江原啓之 おと語り 最新(2020.1.5)4つの質問

ヤァーヤァーヤァーさん
久しぶりに近所の神社にお参りに行きました。
その時、神主さんから「おみくじ」を2つ、
「お守り」を1つもらいました。
おみくじには、良いことが書いてありました。
しかし、自分で引いたおみくじではないので、
どうしたら良いでしょうか。

江原啓之さんの回答
これは、偶然でなく、必然です。
しかし、良いことが書いてあってもただ単に有頂天にになってはいけません。その裏も考えて、ならもっと身を引き締めようと考えます。
おみくじの読解にも、その人の人間性が現れます。

 

銀河鉄道さん

私は、妻が怖いです。家事や子育てで、妻がしてほしいことに気がつかないのです。自分でも、頭の回転が鈍いのは分かっています。

江原さんが言う
「気を使うのではなく、気がきく人間になりなさい」
と言うのは分かっているのですが、悶々としています。

会社でも、上司が怖くて話しかけられません。
こんな甘い私を「叱責」してください。

江原啓之さんの回答
怖いということは、自分の身を守っているから、この時点でダメ。
自分の身を差し出しなさい。何かを演じなさい。
「自分は気が利かないから、今何しましょうか」と言えば、奥さんだって「しょうがないな」と微笑ましく思うはず。叱責でなく、お祓いです。

なっちゃん

江原さんは、仕事上の人間関係はほどほどに。

なあなあ〜と対処しなさい。
と言いますが、高校の担任をしている教員においても、
ほどほどには当てはまるのでしょうか。

江原啓之さんの回答
教員でもそうです、ほどほどにしなさい。
クールに対応しなさい。なぜなら、クールだからこそ、冷静に問題に対処できます。
クールは「冷たい」とは違います

なんだってハッピーラッキーさん
9歳の子供にズタボロに言われました。
「やらされて、やっている」
「苦しいだけで、何も楽しくない、やめる」
「この習い事のせいで、他のやりたいこと(サッカーや卓球)ができない」……などなど。

江原啓之さんの回答
無視!
ほおっておく、なるようになる。

終わりに。出雲大社で買った初めての「おみくじ」の話

2019年7月13日、出雲大社にお参りした時のことです。

お賽銭用の小銭がありませんでした。そのため、千円札をくずしてもらおうと、初穂料の一番安い「おみくじ」を買ったのです。すると、第八番の「おみくじ」が出ました。
「おみくじ」には、悪いことばかり書いてありました。
だから、第一番から第十番までの悪い方から三番目だと勘違いしてしまいました。

このままではモヤモヤしますので、出雲大社の案内人にどうしたら良いか聞いたところ、
「おみくじは買い直しても良い。悪い方は所定の木にくくりつけて、良いおみくじを持って帰りなさい。それでいいのです」と教えてもらいました。

お参りをした後、もう一度「おみくじ」を買いました。
これが第一番「おみくじ」。内容は良いことが書いてあり、今もこの「おみくじ」は財布の中に入っています。

ところが、家に帰ってから、出雲大社の「おみくじ」を調べたところ、第一番から第三十番まであり、順番による吉凶はないのだそうです。(唖然)

おすすめの記事