井上咲楽の飼っている=家庭虫園?

井上咲楽さん、虫が可愛いだけでなく、飼っているのは食べるためです。家庭菜園と同じように、マダガスカルゴキブリを飼っているのです。

井上咲楽さん、1999年10月2日生まれの 21歳の女の子です。2021年8月18日発売の『アサヒ芸能』にこんな記事が出ていました。

自作料理のために家で3〜4匹飼育中
「マダガスカルゴキブリはフルーティーなの」

栄養満点なのはもちろん、食糧問題の解決手段として「昆虫食」か注目を集めています。だか、食用として使用されるコオロギやマダガスカルゴキブリなとは、見た目がとてもグロテスク! 抵抗がある人が多いと思いますが、そんな昆虫食をこよなく愛し、食用に飼育までしているのがタレントの井上咲楽(21)だ。

——昆虫食との出会いは?
井上 長野県のアンテナショップで食べたハチの子です。テレビのロケでしたが、すごくクリーミーでおいしかったんですよ。で、その日、知人に「昆虫を食べたらおいしかった」という話をしたら、その人がコオロギラーメンを紹介してくれて。食べたらあまりのおいしさに感動して、ハマッてしまいました。

——今では昆虫料理を自作するために、家で昆虫の飼育もしているそうですが。
井上 はい。今、飼っているのは、マダガスカルゴキブリ(体長5〜7・5cm)が3〜4匹。以前はもっといましたが、食べちゃうので減るんです(笑)。私にとつては一般的な家庭菜園と同じ感覚ですね。

マダガスカルゴキブリ/コロッケを食べる井上咲楽マダガスカルゴキブリ/コロッケを食べる井上咲楽

——マダガスカルゴキブリはどんな味なんですか。
井上 フルーティーでおしゃれな味ですね。素揚げをするとエビっぼくなります。私、本当に昆虫を食材として見ちゃうんですよ。だからコオロギとかゴキブリくらいで驚かれるのは、皆さんの感覚だと「えっ!パン食べているんですか」って驚かれるのと同じです。

井上咲楽さんは都内に3店舗ある鳥獣虫居酒屋で、「蚕のガパオライス」もプロデュースしています。また、彼女のYouTube「バグズクッキング」を見ると、かなりの昆虫食マニアということがわかります。

マダガスカルゴキブリ(写真・下)なども、平気で手でつかんでいます。さらに、料理人が虫の腹を開いて臭腺をずるずる取り出しているのも平気で見ています。

【閲覧注意】 ゴキブリのおなかグラタン|昆虫食|井上咲楽 では、ゴキブリが「可愛い」「癒される」と発言しています。下ごしらえで、ハサミでお腹を裂いてもいます。

井上咲楽さん、顔は可愛らしい女の子ですがやってることは驚くべきことです。

長澤まさみ〈お取り寄せ〉コウロギラーメンを前に取り上げましたが、井上咲楽さんの「昆虫食」愛は半端ではありません。

マダガスカルゴキブリマダガスカルゴキブリ

井上咲楽〈プロフィール〉

本名、井上 咲樂。 栃木県芳賀郡益子町出身
生年月日: 1999年10月2日
出生地: 栃木県
身 長: 152 cm
学 歴: 栃木県立茂木高等学校
デビュー: 2015年
事務所: ホリプロ

おすすめの記事