竹内結子「イノセント・デイズ」©️WOWOWドラマ「イノセント・デイズ」(以下同じ)

竹内結子と芦名星『イノセント・デイズ』の巡り合わせ

WOWOW『イノセント・デイズ』全6話、見ました。

「イノセント・デイズ」(2018年)第1話冒頭の裁判シーン。

裁判長「主文。被告人を死刑に処する。願わくば、被告人が心の平穏を得んことを望みます」
幸乃「申し訳ありません…」
裁判長「何か」
幸乃「生まれてきて、申し訳ありません」

こう言うと、幸乃(竹下結子)は深々と頭を下げます。

9月27日自殺した竹下結子さん。
今、『イノセント・デイズ』冒頭の判決シーンを見ると、自殺したときの竹内結子さんの顔がこんな感じであったのか、と思えてしまいます。
今まで、映画やドラマでこんな顔をした竹内結子さんの顔を見たことはありません。どちらかと言うと、上品な優しい笑顔が似合う女優さんでした。だから、正直このドラマの竹内結子さんには驚きました。

井上敬介(池内博之)を愛した幸乃。
小さいときから悲惨な人生を歩んできた幸乃にとって、自分を必要と言ってくれた人が唯一敬介でした。今は別れていますが、幸乃にとってはかけがえのない元恋人。敬介の新居のアパートの近くに行ってしまい、ストーカーに思われても仕方ありません。
だから、幸乃が恨みからアパートに火をつけた犯人と断定されてしまったのです。

芦名星「イノセント・デイズ」

芦名星さんは敬介の妻。
2人には生まれたばかりの双子の赤ちゃんがいます。妻と双子の赤ちゃんは、放火により死亡します。

2018年「イノセント・デイズ」で、竹内結子さんと芦名星さんは初共演し、2人は死にます。
2020年、奇しくも2人は自殺してしまいました。

真犯人の浮上とせまる幸乃(竹内結子)の死刑執行日

なぜ、犯人でない幸乃は、死刑を受け入れるのか?

それを追求するのが、幼なじみの佐々木慎一(妻夫木聡)丹下翔(新井浩文)
実は、慎一には最後6話で告白する幸乃に対する負い目があります。そのためもあり彼は必死に事件関係者に会いに行って、その中から手がかりを得ていきます。
翔は弁護士になっていて、弁護士のとる戦術—死刑を遅らせ、再審に持ち込もうとします。

そして、とうとう放火犯は別にいた有力な手がかりを得た慎一と翔。しかし、死刑の執行が3日後に決定しました。

死刑決行日は、弁護士にも知らされません。
その情報を翔に教えたのは、佐渡山瞳(芳根京子)、幸乃(竹下結子)担当とも言うべき刑務官。翔から幸乃は無実の可能性が高いことを教えられていました。また、いつしか幸乃の潔さをみていて親しみを感じていたからです。
6話で慎一(妻夫木聡)が幸乃にずっと背負ってきた負い目を告白したとき、監視としてそこにいたのも瞳です。今では、瞳は幸乃が犯人ではないと確信しています。

幸乃(竹下結子)の死刑執行日

幸乃はいつもは落ちついて見えるよう自分を律しています。
しかし、興奮すると呼吸困難になり、ひどいときは失神してしまう持病を持っています。
今までも、いろいろな場面で発作を起こしています。

幸乃は処刑場への階段で軽い発作を起こします。
瞳(芳根京子)は落ち着かせるふりをして、助けようとしている慎一(妻夫木聡)と翔(新井浩文)のことを伝えます。
そして、無実なのに死刑になる意思を変えない幸乃に、とうとう瞳は見守るだけという刑務官の職務を忘れて叫びます。それは、幸乃に死んでほしくない、無実を訴えてと言う彼女の悲痛な思いなのです。

「傲慢よ、あなたを必要としている人が確かにいるのに
そんな人を残して死ぬのは傲慢よ!
本当に後悔してないなら、なんで倒れたの!
あんたは、本当は生きたいんでしょ!」

「ここで死ぬことより、ずっと怖いことなんです」

幸乃(竹内結子)は発作からなんとか落ち着くと、
「申し訳ありません。大丈夫です」
と、瞳(芳根京子)のそばにきます。

「もう怖いんです。
もし本当に私のことを必要としてくれる
誰かがいるんだとしたら、
もうその人に見捨てられるのか怖い……
それは、ここで死ぬことより、ずっと怖いことなんです」

幸乃は落ちる前、義姉陽子(ともさかりえ)、慎一、翔と4人で遊んでいた丘を思い、微笑みます。

竹内結子「イノセント・デイズ」

処刑場に行けない瞳(芳根京子)は、外の階段で処刑の床が開く「ガチャーン」という音を聞きます。

終わりに。竹内結子さんの幸乃へのコメント

竹内結子さんは『イノセント・デイズ』の幸乃という女性について、こんなコメントを残しています。

「真実を明らかにすることが彼女の願いではなく、
すべてを語らず、まるごと抱えて命を終えることが
使命のように感じている」

竹内結子さん、あまりにも自分自身のことを語っているかのようです。

だから、ドラマ冒頭の裁判での彼女の顔が、自殺したとき彼女はこんな顔をしていたのではないかと思われるのです。もはや、『イノセント・デイズ』の役幸乃は、ある意味で竹内結子さん本人にしか見えません。

早見和真『イノセント・デイズ』(新潮文庫刊)

横浜市出身。大学在学中からライターとして雑誌『AERA』の「現代の肖像」や、『Sportiva』『SPA!』などで活動する。2008年、自らの経験を基に書き上げた名門高校野球部の補欠部員を主人公とした『ひゃくはち』にて小説家デビュー。
2015年『イノセント・デイズ』で第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞、第28回山本周五郎賞候補。他の代表作に映画化された「ぼくたちの家族」「ポンチョに夜明けの風はらませて」など。

おすすめの記事