『教場』伊藤健太郎©️フジテレビ。2020年正月『教場』第二夜のラストシーンの伊藤健太郎

2020年1月『教場』最後に出ていた伊藤健太郎

伊藤健太郎の役は、ブレーキとアクセルを踏み間違えて、同期のいるところへ突っ込んでしまう。それを身を挺して守るのが、木村拓哉演じる風間教官です。
原作『教場』(長岡弘樹・第一作目)の『第五話 異物』のエピソードのようです。この学生の名前は『由良求久』といいます。異物はスズメバチで、車の中に紛れ込んでいたのです。それで、パニックを引き起こします。

上の写真の伊藤健太郎の名札には『伊東?』とあります。名前を変えるのか、違ったエピソードなのかは、今のところわかりません。というか、もうわかりませんね。

いろいろな記事を見ますと、伊藤健太郎は木村拓哉に心酔していたようです。引け逃げという事故を起こした自分をさぞ悔やんでいることでしょう。

ところで、2021年正月は『教場2 vs 逃げるは恥だが役に立つ(スペシャル版)』になります。
あなたは、どちらを見ますか?

週刊女性『教場2』が緊急サシカエに!伊藤健太郎、過去の評判

週刊女性©️週刊女性

交通事故を起こしてしまった伊藤が犯した罪は、事故を起こした後に、一時その場から立ち去るという"ひき逃げ"だったのだが……。
「ドラマで放送されるはずだった出演シーンが、事件とリンクしていて……。伊藤さんのドラマでの設定は、過去に警察学校に通っていたOBなのですが、在学中に"車で人をはねて退学になる"という役柄だったんです。撮影は終わっていますが、当然そんなシーンを放送できるわけがないので、11月中旬に撮り直すことになっています。代役は演技にも定評のあるジャニーズの若手アイドルが務めることが決まっています」(テレビ局関係者)

「健太郎は悪いヤツでしたよ。高校時代、朝の通学はいつも歩きタバコでしたから。彼の部屋は実家の2階で、隣の家の屋根が窓から手をのばすと届くぐらいの近さにあり、部屋で吸ったタバコを投げ捨ててました。親にバレないようにしていたんでしょうね」
と明かすのは、実家の近所に住む男性。

「高校を卒業した後ぐらいに、友達と2人で家の前で焚き火をしていたことがあったんです。それが夜11時を過ぎてうるさくて、その火が1メートルぐらいの高さまで燃え上がっていたから、私が110番通報して警察を呼んだんです。でも、健太郎たちはサイレンの音を聞くと火をパッと消して、家の中に逃げ込んじゃいました。警察が来て、家のインターホンを鳴らしていましたが、居留守を便っていたのを覚えています」(同・近所の男性)

昔から伊藤のことを目にかけていたという地元の先輩男性に話を聞くと、
「3年ほど前かな、僕が"サーフィンを教えようか?"って健太郎を海に誘ったことがあったんです。そうしたら、"事務所から車の運転も日焼けもNGって言われてて、できないんスよ"って少しだけ寂しそうな顔をしていました。売れたら売れたで自由がなくてかわいそうでしたね」

伊藤健太郎の両親も辛いし、悲しい

「小さいころからモデルのようなことはやっていましたけど、芸能界で急に人気になったので、お母さんは彼が調子に乗らないか心配していたこともあったんです。でも、近所では"ウチの子は売れているのよ"なんてうれしそうに自慢もしていました」(実家の近所に住む主婦)

11月上旬、実家に帰ってきた父親に声をかけると、
「どうも、すみません」
こちらを見ることなく、ひと言だけを残して玄関の中へ。続けて声をかけるも反応はなかった。
別の日、自宅から出てきた母親にも声をかけた。いったんは足を止めて記者の名刺を受け収ったが、その姿は見るからに憔悴しきっていた。
「本当にもう、何を言ったらいいのか……被害者の方のご無事を願うばかりで、申し訳ございません」
そう言うと深々と頭を下げ、最寄り駅のほうへと歩いていった。

伊藤健太郎の代役は、ジャニーズWESTの重岡大毅

重岡大毅といえば、吉高由里子主演のドラマ『知らなくていいコト』に出演していました。
真壁ケイト(吉高由里子)の元恋人役。彼女が殺人犯の娘かもしれないと知らされた途端、恋人を捨てる情けないひどい男でした。しかし、重岡大毅の演技は高い評価を得ています。

重岡大毅©️Johnny's net

重岡大毅(しげおか だいき)プロフィール

生年月日
出身地
身長
血液型
職業
事務所
1992年8月26日(28歳)
日本の旗 日本・兵庫県
172 cm[3][4] A型[5] 俳優・タレント・歌手・アイドル
ジャニーズ事務所
テレビ
ドラマ
『SHARK〜2nd Season〜』『ごめんね青春!』『ストロベリーナイト・サーガ』『これは経費で落ちません!』『知らなくていいコト』
映画
『殿、利息でござる!』『溺れるナイフ』『関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!』『忍ジャニ参上! 未来への戦い』
おすすめの記事