Flash20200915©️Flash20200915

6chドラマ『半沢直樹』の視聴率が高い!そして、歌舞伎役者の顔芸と迫力、アドリブが世間の話題をさらっています。
また、白井国交相役の江口のりこ氏の怪演も世間を騒がせました。

しかし、白井国交相のモデルが実際は誰だか知っていますか?
意外に週刊誌などにもあまり見かけませんでしたが、実際のモデルは前原誠司衆院議員でした。

そんな記事が、Flash2020.09.15に出ていました。

前原誠司元国交相「リアル半沢直樹と私はこう戦った」

(以下Flash2020.09.15の記事より)

「帝国航空編」で江口のりこが怪演―白井国交相のモデルがドラマを、“倍返し”検証

「フィクションとしては非常によくできている。ずっと録画していて、家内と観たらおもしろくて。これからも全部観ようねと話をしています」

ここにも“半沢ファン”がいた!国民民主党から分党し、新党結成を目指す前原誠司衆院議員(58)だ。ダイナミックな政局の合間に『半沢直樹』を観て、すっかりハマってしまったという。

「堺雅人さんと香川照之さんの掛け合い、実際はアドリブだらけらしいですね。私の知り合いも2人出ています。金融庁の黒崎駿一検査官役の片岡愛之助さんとはメールのやり取りをする仲ですし、帝国航空財務担当役員・永田宏役を演じる山西惇さんとは同級生で、京都の塾で中1から高3まで一緒だったんですよ」

私がそんなことを言うわけないでしよ!

『半沢は現在、「帝国航空編」を放送中。経営危機に陥った帝国航空の担当となった半沢に、国土交通相に就任した白井亜希子(江口のりこ)が立ちはだかる。白井大臣の役回りは、2009年2010年に民主党政権の国交相だった前原議員がモデルなのだ。

「白井大臣はかなりの悪役として描かれていますが、私とは“似て非なるもの”だと思っています(笑)。それに、白井大臣は白い服を着ている“上から目線”の女性ですし、視聴者は別の誰かを想像されているんじゃないでしょうか。誰とは言いませんが(笑)」

白井大臣が半沢に、
「あなたはしがない銀行員。現場はネジと同じ」
などと言い放ったシーンは話題になった。
「私がそんなことを言うわけないでしよ!(笑)実際に銀行に乗り込んだことも、テレビに出演して銀行を名指しで批判したこともありません。私が銀行の方と話をしたのは、実際は数回なんです。
メガバンク3行や、ドラマでは『開発投資銀行』となっている日本政策投資銀行(政投銀)にJALの債権放棄をお願いしたときですね」

“リアル半沢直樹”とはどう戦ったのか。

「実際に国交大臣が話し合うのは、銀行の担当者ではなく、各銀行の頭取なんです。ドラマの東京中央銀行は、現実ではみずほコーポレート銀行でしたが、同行の佐藤康博頭取とは数えきれないくらい会いました。ホテルでこっそり2人きりで会ったり、佐藤頭取のお嬢さんが結婚式を挙げた日も、式のあとで時問をいただきました。JALのメインバンクでしたしね

佐藤氏以外のメガバンクの頭取とは初対面だった。
「三菱東京UFJ銀行の債権放棄額は514億円にのぼりました。放棄してほしいとお願いしたところ、永易克典頭取に激高されまして…。同席していた企業再生支援機構の瀬戸英雄委員長と怒鳴り合いになったんです」
当時は、永易氏がJAL社長の西松遥氏に詰め寄る場面があったとも報じられた。ドラマ顔負けのシーンだが、前原議員は、西松氏と会ったのも2回だけだったという。
「西松氏は、JALをただ延命させるための報告しか出してこなかったので、この人と話をしても仕方がないと、彼の相手は『JAL再生タスクフォース』にまかせたんです。リーダーの高木新二郎さんは、乃原正太(筒井道隆)みたいな偉そうな方ではありません(笑)。それにしても、筒井さんの演技は素晴らしいですね」

なんと、“リアル半沢”は稲盛和夫氏だった。

タスクフォースは、金融機関の反発もあり、JALの資産査定と再建案をまとめたのち、ーカ月で解散。再建策は、企業再生支援機構に引き継がれた。
「私の仕事は、法的整理のプラットフォームを整えて、一便も止まらないような体制を作って、次のトップを稲盛和夫さんにお願いするところまででした。ドラマでも、“グレートキャプテン”の木滝機長(鈴木壮麻)がハイヤーで送り迎えされていましたが、稲盛さんはそんな体質にメスを入れ、『安全』『お客様本位』そして『従業員の誇り』を回復させた。ドラマで半沢が果たした役割のかなりの部分は、稲盛さんがなさったことなんです」

前原誠司元国交相

1962年(昭和37年)4月30日生まれ
政治家。国民民主党所属の衆議院議員(9期)、国民民主党代表代行。
京都府議会議員(1期)、民主党代表(第5代)、国土交通大臣(第12、13代)、外務大臣(第145代)、国家戦略担当大臣(第6代)、民主党政策調査会長(第11代)、内閣府特命担当大臣(防災、沖縄及び北方対策、経済財政政策、科学技術政策、原子力行政、宇宙政策)、民進党代表(第3代)などを歴任。

江口のりこ(白井国交相役)

江口のりこ©️デイリースポーツ

日本の女優。本名および旧芸名は江口 徳子。兵庫県飾磨郡夢前町出身。劇団東京乾電池、ノックアウト所属。身長170cm、血液型はO型。特技はピアノ、中距離走。
生年月日: 1980年4月28日(年齢 40歳)
生まれ: 兵庫県 姫路市
身長: 170 cm
所属劇団: 劇団東京乾電池
「劇団に入れば映画に出演できる」と考え、上京し、ファンだった岩松了がかつて所属していた劇団東京乾電池のオーディションを受ける。1999年に研究生となり、2000年に入団。上京したばかりの頃は所持金が2万円しかなく、すぐに住み込みの新聞配達の仕事を始めた。
劇団の座長である柄本明とは長年懇意にして貰ってるといい、後年の報道では柄本のファンだったから乾電池に入団したと先述の内容とは異なる内容となっている。

稲盛和夫

日本の実業家。京セラ・第二電電創業者。公益財団法人稲盛財団理事長。「盛和塾」塾長。日本航空名誉会長。

おすすめの記事