賀来賢人「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」【公式】ニッポンノワール−刑事Yの反乱−から

賀来賢人「ニッポンノワール」収拾がつかないドラマ!

ニッポンノアール、『アンフェア』と同じ収拾のつかないドラマ。

賀来賢人「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」と篠原涼子「アンフェア」(シリーズ)は、もうなんでもありのストーりーなのです。

秦建日子の原作小説『推理小説』は面白く、
最初にテレビドラマ化した篠原涼子主演「アンフェア」はとても良かった。

無駄に美人デカ・雪平(篠原涼子)の「アンフェアなのは誰か」を捜索するうちは良かったのです。だから、「アンフェア」が放送された2006年には色々な賞をもらっています。

①第48回ザテレビジョンドラマアカデミー賞2006
主演女優賞(篠原涼子)/脚本賞(佐藤嗣麻子)
②第3回TVnavi ドラマ・オブ・ザ・イヤー2006
最優秀主演女優賞(篠原涼子)
③第44回ギャラクシー賞 2006
個人賞(篠原涼子)

しかし、テレビドラマが受けたので、映画化されシリーズ化してくると、次々に悪役が出てきたり、今までの仲間も敵になったりして、ドラマのストーリーが収拾がつかなくなってしまいました。

2006年1月〜3月 アンフェア連続ドラマ(全11話)
2006年10月3日 『アンフェア the special コード・ブレーキング〜暗号解読』
2007年3月17日 映画第1作『アンフェア the movie』
2011年9月17日 映画第2作『アンフェア the answer』
2011年9月23日 『アンフェア the special ダブル・ミーニング〜二重定義』
2013年3月1日 『アンフェア the special ダブル・ミーニング〜Yes or No?』
2015年9月5日 映画『アンフェア the end』
2015年9月15日 『アンフェア the special ダブル・ミーニング〜連鎖』

長い年月で『アンフェア』という名前にあぐらをかいているから、こうなるのも仕方ないでしょう。

「ニッポンノワール」も「アンフェア」と同じ轍を踏んだ。

そかし、「ニッポンノワール−刑事Yの反乱−」は、たったの1クール(10回)なのに、後半になると敵や仲間が入り乱れて、なんでもありの状態になってしまいました。

当初の推理はただこれだけです。
①誰が薫(広末涼子)を殺したのか?
清春(賀来賢人)が犯人でないのはわかっているが。

次に
②薫(広末涼子)の目的はなんだったのか?
③背後にニッポンノワールという組織が暗躍している?黒幕は誰だ?
④ガスマスクの男の正体は?
これぐらいなら、まだ良かったと思います。

しかし、この〈ニッポンノワール〉が出てきたあたりから、敵や味方が入り乱れて、なんでもありになってしまいました。おまけに、

人体改造?
記憶を改変させる?
アルティメットプログラム?

なんと9話と最終回では清春(賀来賢人)の30分の記憶が2回も書き換えられていました?
「一体、脳のどこをどうすれば、そんなことが可能になるのか?」
もう、なんでもありなので考えるのが、バカバカしくなってしまいました。

最終回はもう刑事ドラマではなく、単なる格闘技大会!

清春(賀来賢人)と薫(広末涼子)を殺した真犯人名越(工藤阿須加)の肉弾戦!

また、9話で咲良(夏帆)の親父である深水喜一(笹野高史)が、清春(賀来賢人)に
「俺のドリンクになにを混ぜていたのか?」
とドリンクの正体を問い詰められたかと思うと、最終回ではなんと
「新薬の抑制効果を狙ったドリンク」というのだから、もう呆れかえってしまいます。

もっとも、その抑制効果があったから、主人公清春(賀来賢人)は新薬では死ななかったのですが。

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』におんぶに抱っこ

最終回では、才門(井浦新)は『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』魁皇高校に立てこもった教師・柊一颯(菅田将暉)がネットで今の社会を訴えていたのに、活力を呼び覚まされあがいてみるのも悪くないと、清春(賀来賢人)に味方したとの理由を語っていました。

おいおい、元ニッポンノワールの一員である、凄腕のエージェントであるはずの才門(井浦新)が、教師・柊一颯(菅田将暉)のネット発言に感銘して、清春(賀来賢人)側についたなんて!
100%ないとは言えませんが、普通なら考えられません。

また、 咲良(夏帆)は『3年A組 』に登場した魁皇高校の生徒に与えられたヒントから、インパクトのあるライブ配信(賀来賢人と工藤阿須加の肉弾戦)という手段で、ニッポンノワールの正体を白日の下に晒すことにしました。

『ニッポンノアール』と『3年A組』は全然ストーリーはつながっていないのだから、悪あがきと言ってもいいのではないでしょうか?

最終回の清春(賀来賢人)の死か生かの衝撃のラスト?

「最後に清春(賀来賢人)の指が動いていた!」とか言って、早くもシーズン2の要望が、とか賑わっているようですが、果たして内輪のやらせでは?と疑ってしまいます。
日曜日の午後10時30分からのテレビドラマとしては、視聴率が悪い?からです。

ニッポンノアール 3年A組
第1話 7・8%
第2話 6・5%
第3話 6・4%
第4話 6・5%
第5話 7・1%
第6話 6・4%
第7話 6・0%
第8話 7・1%
第9話 6・9%
第10話 8・1%
第1話 10.2%
第2話 10.6%
第3話 11.0%
第4話 9.3%
第5話 10.4%
第6話 11.7%
第7話 11.9%
第8話 12.0%
第9話 12.9%
第10話 15.4%
おすすめの記事