江原啓之 スピリチュアル「出羽三山③湯殿山」ご神体と御朱印

出羽三山「生まれ変わりの旅」とは?

羽黒山は現世での願いをかなえる山(現在)、月山はご先祖様の霊がいるため死後の安楽と往生を祈る山(過去)、湯殿山は生まれ変わりを祈る山(未来)と考えられています。
出羽三山をめぐると新たな魂として生まれ変わることができると言われ「生まれ変わりの旅」として人気があります。江戸時代には「西の伊勢参り、東の奥参り」とうたわれていたほどです。

江原啓之 スピリチュアル湯殿山・ご神体「語るなかれ、聞くなかれ」

湯殿山案内図
湯殿山神社本宮の参道入り口

湯殿山神社本宮には、案内図・左下の大鳥居からマイクロバスで湯殿山神社本宮の参道入り口(参拝バス終点)まで行きます(10分弱)。バス終点の参道入り口より先は、撮影禁止です。

参道より5分ほどで御祓所、そこから1分でご神体の前に出ます。御祓所では、履物を脱ぎ、裸足に。お払い後、陰陽師の式神のような小さな紙の人形をもらい、この人形で体の主なところを拭き、自分の穢れを移します。それから、三度息を吹き、御祓所の中を流れている渓流(支流)に流します。

湯殿山神社には、いわゆる社殿はありません。大きなご神体(しばしば女陰や子宮に例えられます)が鎮座しているだけです。ご神体については「語るなかれ、聞くなかれ」、書くことも話すこともできません。
「語られぬ 湯殿にぬらす 袂(たもと)かな」
梵字川の渓谷にある「芭蕉の句碑」です。芭蕉も、語ることはできなかったのです。

江原啓之 スピリチュアル「出羽三山③湯殿山」を語る。

たましいの再生を願う人に貴重な啓示を与えてくれる、ご神体の神々しさを目にして。

湯殿山は、月山の西南山腹に連なるなだらかな稜線を持ったお山です湯殿山の北側中腹あたリには、梵字川という意味深い名前のついた河川の浸食によって渓谷が刻まれておリ、そこに湯殿山神社が建立されています。

羽黒山が出羽三山の表玄関だとすれば、湯殿山は奥の院とも呼ばれています。羽黒山や月山で修行を積んできた修験者が、最後に訪れるべき霊場が湯殿山であり、行者はここでようやく仏の境地に至ると考えられているのです。

湯殿山

実をいうと、湯殿山の大鳥居の前に立ったとき、ぼくにはひとつのビジョンが見えました。ほかでもない、自らの意志で食を断ち、即身仏となった人たちの姿です。それも一人や二人ではなく、数限りないほどの御仏です。

歴史的に見ても、山形県は即身仏で有名な土地柄ですが、もしかしたら後世に伝えられている以上に、即身仏を目指して亡くなった修験者が多かったのでしょうか。

スピリチュアル・サンクチュアリの旅で、熊野を訪れたときにも、ぼくはたくさんの修験者の霊魂を目にしました。熊野で修行を積んでいた先人たちは、亡くなった後にも、霊魂として熊野を守り続けていたのでしょう。現代に続く聖地として、熊野がその神秘性を保っているのも、神霊のご加護があるからにほかならないと思います。

霊場として多くの修験者が訪れた地だけあって、湯殿山は熊野と共通項があるように思いました。熊野のご神霊に劣らず、湯殿山の先人たちも、死してなお湯殿山を守護し続けているのです。あるいは、即身仏になるほどの苦しみを超えて、世の平安を願った人たちだからこそ、聖地に対する思いは、いっそう熱いものなのかもしれません。

霊的な能力のある人たちの間では、湯殿山は有名なサンクチュアリであり、古くから熱心に崇敬されてきました。パワーの強さからいえば、確かに日本でも有数の霊場だといっていいでしょう。湯殿山の鳥居をくぐっただけでも、霊能力者たちが注目するだけの霊気を持っていることがわかります。

湯殿山本宮「湯殿山本宮」と刻まれています。

湯殿山神社には、いわゆる社殿はありません。渓谷の岩間に、こんこんとお湯の湧き出る巨岩が鎮座しており、ご神体として崇められています。神聖なものですから、当然、撮影などは許されませんが、湯殿山に参拝した人なら、その偉容を目前にできます。ほとんどの神社は、ご神体を奥深く秘蔵しているだけに、湯殿山のおおらかさは貴重です参拝する人は、無遠慮に眺めるのではなく、敬慶な気持ちを抱きながら手を合わせてください。

ほくが拝見したとき、ご神体からは、まさに「生まれいずる瞬間のエネルギー」が満ちあふれていました。湯殿山のご神体が、ときに女性の子宮にたとえられるのは、その形状によるところが多いと思いますが、パワーのあり方としても、子宮と見立てるにふさわしいものがあるのではないでしょうか。生まれいずるエネルギーは、それほど崇高なものだと思います。

現実の苦しさに疲れたり、今の自分を変えたいと願っていたり、どうしても切りたい緑があったり……。何らかの形で、たましいの再生を果たしたいと切望している人は、ぜひ湯殿山を参拝してみましょう。真剣な気持ちで願いを捧げれば、ご神体からあふれ出している再生のエネルギーによって、あなたが新しい自分に生まれ変わるための、大切なメッセージを得られるかもしれませんから。

出羽三山③湯殿山に2018年7月14日に参拝

私はバスツアーで、2018年7月14日に出羽三山(羽黒山・月山・湯殿山)を参拝しました。
このツアーでは、月山までは行きませんが、月山の八合目の弥陀ヶ原湿原にある御田原神社を参拝しました。

出羽三山③湯殿山の御朱印

出羽三山③湯殿山の御朱印

江原啓之
スポンサーリンク
mypointをフォローする
フール・オン・ザ・ヒル

コメント

タイトルとURLをコピーしました