アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三貴士の誕生

黄泉の国から帰ってきたイザナギは最後に顔を洗います。左目を洗うとアマテラス右目を洗うとツクヨミ、鼻を洗うとスサノオが生まれました。イザナギは喜んで、こう言いました。

「自分はたくさんの子を生んできたが、最後に三柱の貴い子を得た」

そして、つけていた首飾りをアマテラスにかけ「高天原を治めなさい」
ツクヨミには「夜之食国(よるのおすくに)を治めなさい」
スサノオには「海原を治めなさい」と命じました。

江原啓之 スピリチュアル「伊勢神宮別宮・月讀宮」を語る。

月讀宮。ご祭神はツキヨミノミコト

月讀宮

スピリチュアルな力を強く宿している、神秘的な神社です。

皇大神宮から1.8キロメートル、豊受大神宮から3.8キロメートルの場所にある月讀宮は、伊勢神宮の別宮のなかでも、特に重要なお宮だといっていいでしょう。

ご祭神はツキヨミノミコト。日本の神話では、イザナギノミコトが禊祓をしたとき、その右目から生まれたとされている神様です。左目から生まれたアマテラスオオミカミ、鼻から生まれたスサノオノミコトと合わせて、三賢神とされています。

ツキヨミノミコト

アマテラスオオミカミの弟神であるツキヨミノミコトは、その「光り輝いて美しいこと」では、アマテラスオオミカミに次ぐ存在だという説もあり、太陽神であるアマテラスオオミカミに対して、月神といわれています。

月が神秘的なパワーを持っているのは、広く知られているところです。当然、月神であるツキヨミノミコトを杷った月讀宮も、非常にスピリチュアルな雰囲気を持っています。広大な内宮に比べると、とても小さいお宮ですが、感じ取れるご神気は大変素晴らしいものです。光リ輝いて美しい神様をご祭神にしているだけに、「美」に関する願い事を持った人や、スピリチュアルなインスピレーションを得たい人には、一度訪れていただきたいと思います。

月讀宮の4社(手前より)伊邪奈岐宮、月讀宮、月讀荒御魂宮

月讀宮-伊佐奈彌宮と伊邪奈岐宮(向こうから)伊佐奈彌宮と伊邪奈岐宮

※月讀宮は、伊佐奈彌宮、伊邪奈岐宮、月讀宮、月讀荒御魂宮と4社並んでいます。

月讀宮の御朱印

月讀宮の御朱印

おすすめの記事