江原啓之 スピリチュアル〈タブー〉に答える その9

江原啓之 スピリチュアル〈タブー〉に答える

江原啓之 スピリチュアル〈タブー〉に答える その9

江原啓之著『スピリチュアル タブーブック禁』より。

①家に神棚がないと、神様に守ってもらえない?

お札が、一番重要です。
神棚がなくても、お札を祀るだけでいいのです。

神棚とは、神様を「遥拝(遠くから拝む)」するためのものです。神棚には、神様はいません。

神棚がない場合、お札を壁に掲げたり、棚の上に置いたり、場合によっては額縁に入れてもいいでしょう。要は、お札をお祀りしてください。

お札を祀る時は、北を背にして南向きか、西を背にして東向きにします。壁によっては、その中間の南東向きでもいいでしょう。

②仏壇と神棚を同じ部屋に祀らない?

同じ部屋にあっても構いません。
ただし、仏壇を神棚の真下に設置するのは避けましょう。

仏壇と神棚が上下一列にあると、どちらにお願いしているのかわかりません。「神様仏様」と一緒くたに拝むのは間違い、意味が違います。

③ツバメが巣を作ると、その家は栄える?

ツバメは、スピリチュアルな生き物。
巣をかける時は、エネルギーの強い場所を選びます。

ツバメが巣を作ったから、その家が栄えたのではありません。反対に、その家に高いエネルギーがあるから、ツバメが反応して巣を作るのです。

蛇足ですが、〈カラスが鳴くと死者が出る〉こともあるそうです。

④お盆やお彼岸のお墓参りの帰りには、振り返ってはいけない?

故人と私たちが、お互いに未練を持たないようにです。
大切なのは、“振り返らない心”です。

私たちが「お墓詣りは、これでおしまい」と未練を残さないようにすれば、
故人も「あの世に帰らなければ、会いに来てくれてありがとう」と未練を残しません。
だから、振り返ってしまう未練がましい(あきらめられない)心が、いけないのです。

⑤幽霊をよく視るのは、霊感が強いから?

霊感が強くないと視えません。
高い波長を保っていれば、未浄化霊を視ることはありません。

幽霊は、たいがい浮遊霊や地縛霊です。だから、そんな幽霊が視えるからといって、得意になるようなことではありません。むしろ、悩みや嫉妬、執着や欲望といったネガティブな低い波長が出ている時に、同じ波長の幽霊と出くわすのです。

幽霊が視えてしまった時は、目を合わせないこと。霊が『私に気づいてくれた』と寄ってくるからです。また、『私には何もできません』と念じます。同情は憑依を招きます。

→ 江原啓之 スピリチュアル〈タブー〉に答える【注目!一覧へ】

タイトルとURLをコピーしました