スポンサーリンク
江原啓之

江原啓之 スピリチュアル〈タブー〉に答える!

江原啓之著『スピリチュアル タブーブック禁』より、日常で気になってしまうタブーをわかりやすく解説します。これで、モヤモヤした気分もスッキリし、小さいことにクヨクヨしなくなるかも!です。不定期的に更新中!
江原啓之

江原啓之 近代スピリチュアリズムの起源と歴史

近代スピリチュアリズムは、どうやって発展してきたのでしょう?現在の私(江原啓之)のスピリチュアリズムは、英国で学んだこのスピリチュアリズムの土台をもとに、自分のインスピレーションによって得たスピリチュアル・ワールドからのメッセージを加えたものです。
読書感想

死とは何か イェール大学・完全版要約[第12講]人生の価値の測り方

快感−痛み=「+ 」or「−」。過去を振り返っても、これからの未来を考えても、人生の物事を単純に「快感」と「痛み」に明快に区別することはできません。だから、この[第12講]死が教える「人生の価値」の測り方などあるわけがありません。
江原啓之

江原啓之 宗教とスピリチュアリズムの違いとは?

わざわざ「スピリチュアリズム」と言う必要があるのは、宗教は神がもとであり、スピリチュアリズムは心霊研究がもとになっているからです。心霊研究や心霊実験は、この160年以上もの間、数限りなく行われ、いわゆる科学のメスを入れてきたという歴史があります。
江原啓之

江原啓之 霊視ができれば霊能者なのですか?

「霊感」を持っている人は星の数ほどいます。魂の存在である人間は、本当は誰もが霊感を持っています。一方、「霊能」とは、霊感から得たものを理解して整理し、その意味を見いだすことができるかどうかということですから、持っている人は限られています。
江原啓之

江原啓之 本当のスピリチュアリズムとは何か?

「スピリチュアリズム」とは、あくまでも「霊的世界」を軸として考える「哲学」です。霊的世界の視点に立って見ると、現世は学校やスポーツジムのような魂の修行場です。死はひとつの修行の終了であり、霊界では「おかえりなさい」と喜んでで迎えてくれるものなのです。
江原啓之

江原啓之 スピリチュアリズムを語る - 序 -

死の準備ではありませんが、精神世界のことを学ぼうと思い、江原啓之著『江原啓之 スピリチュアリズムを語る』に出会いました。江原啓之さんの本は多数ありますが、この本ほど、スピリチュアルなことを真正面から取り上げている本はないように思います。
映画

【映画レッド】島本理生の小説を三島有紀子監督が映画化。夏帆&妻夫木聡主演

商社マンの夫とかわいい娘に恵まれ、幸せな日々を送っているはずだった塔子。しかしある日、かつて愛した男・鞍田が現れ、抑えられない心が動き出す…。直木賞作家・島本理生の小説『Red』を三島有紀子監督が映画化した。夏帆&妻夫木聡主演
江原啓之

江原啓之おと語り 最新(2020.2.16)まとめ。ファストフード女はダメ!

「恋愛の悩み」。恋愛相手を信じられない悩み、婚活。最近よく思うのですが、婚活している人は多いようです。CMに流れるマッチング・サイトが多いのも、「結婚したい」願望が多いのでしょう。ところで、回答の中で「ファストフード女ではダメ!」という言葉が気になりました。
読書感想

死とは何か イェール大学・完全版要約[第11講]不死—可能だとしたら

不死、「仮定」の話はもういいのです。「不死」というと、どうしてすぐ「永遠の生」となるのでしょうか? そして、「不死」になったら、次に「退屈」の問題が出てきます。永遠に生きていれば、なんでもやり尽くし、最後には何をしたら良いかわからなくなってしまう、といった流れです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました