スポンサーリンク
読書感想

死とは何か イェール大学・完全版要約[第5講]魂の不滅性、プラトンの見解

死とは何か[第5講]「魂の不滅性」についてのプラトンの見解、読む必要はなかった。高校の時、プラトンの対話篇はよく読みました。だから、正直「読む必要なし」と言うのがとても辛い。ギリシャ神話や悲劇と同じく好きなプラトン!そして、ソクラテスの死……。
読書感想

死とは何か イェール大学・完全版要約[第4講]デカルトの主張?

死とは何か[第4講]デカルトの主張。形而上学って、こんなに馬鹿馬鹿しいのか!と思ってしまう。死とはなんだろう?死んだら何もないのか?死とは、夜寝て、夢を見ないまま、朝になっても起きないこと?死んだら、全く意識はなくなるのだろうか?と悩んでいる人にとっては、全然ピンとこない。
読書感想

死とは何か イェール大学・完全版要約[第3講]魂は存在するか? SF『ウエストワールド』

この[第3講]「魂」は存在するか?を読んでいると、同じような考察が何回も出てきます。正直、この[第3講]は読まなくても、[第2講]で十分だったかもしれません。読んでいる時は、なんとなく分った気になりますが、読んでしまうと、1つの考察しか印象に残りません。
江原啓之

江原啓之おと語り 最新(2020.1.19)まとめ

「江原さんでも、ネガティブになる時ってありますか?」江原さんでも、ネガティブになりそうな時はあるそうです。そんな時には、自分につっこみを入れるそうです。「いや〜、自分で哀れんでる〜」と。ネガティブな自分を客観的につっこむ自分がいて、笑いに変えてしまう癖があるそうです。
読書感想

死とは何か イェール大学・完全版要約[第2講]二元論と物理主義

正直、死とは何か[第2講]は、読まなくてもよい内容でした。ただ、面白いのは心は身体の機能の現れだとする考えは、普通の人々にはあまり馴染みがないかもしれません。また、AIが世の中に広まってきた現代には、そういう物理主義的考え方は何かの役に立つかもしれません。
TVドラマ

「アライブ」木村佳乃セミヌードと男性の乳ガンも1%未満の症例!

アライブ~がん専門医のカルテ、初回はとりたてて気になることはありませんでした。 しかし、第2回では、3つの「えっ!」がありました。1.男性にも乳がんがある(症例1%未満)2.「胸を取れば、心ももとに戻りますか?」3.木村佳乃さんのセミヌード(背中)
読書感想

死とは何か イェール大学・完全版要約[第1講]死について考える

裏切られた!「死」とは何か、この本は哲学書であった。漠然と読みたいと思っていた理由は、見事にこの[第1講]死について考えるで裏切られました。別に哲学を学ぶために、この本を買ったつもりはなかったからです。死」とは何か 完全翻訳版、再疑問「読むべきか、否か?」
江原啓之

江原啓之おと語り 最新(2020.1.12)まとめ

危機的状況で、どう選択するかの答えはない。また、その時になってもわからない。人は時間に余裕がある時に、考えたり恐れたりします。実際にその時にどんな決断をするかはわからない。瞬時に、その人の霊性が現れます。だから、優しさを大切にしていけばいい。
読書感想

死とは何か[完全翻訳版]イェール大学で23年連続の人気講義 読むか否か?

「死」とは何か 読むべきか否か、それが問題だ!今とても興味がある本、それが『「死」とは何か』です。『「死」とは何か』の本で、まず考えなければならない問題があります。それは、日本縮約版 or 完全翻訳版、どちらを読んだら良いかです。Amazonのレビューを見てみました。
江原啓之

江原啓之おと語り 最新(2020.1.5)まとめ

2020年のキーワードは「破綻と崩壊」。1964年の東京オリンピックの時は、これからの日本は発展するという希望に満ちていました。そして、2020年8月には東京オリンピックが開催されます。しかし、1964年の東京オリンピックの時のように、発展を夢見てはいけません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました